■タイ北部(Chiang Mai周辺)オフロードラン

こんにちは「サワディはせがわ」ことバンコック在住の長谷川です。
                                             2002/8/17作成

今回、土日休とクイーンズバースディ(8/10〜8/12)を利用してタイ北部(チェンマイ周辺)のオフロードを走ってきましたのでレポートします。
まず、どうやって走ったかというとチェンマイ在住の「
kiyo」さんこと元トライアルWGPワークスライダーの服部さんにガイドをお願いして、さらにバイクXR250(MD30)を借りて、以前から希望していた、この3日間のオフロードランが実現しました。

メンバーはガイド兼インストラクターのkiyoさん、そしてkiyoさんの仲間のDarrenさん(イギリス人)、そして私の3人です。

まず、初日はチェンマイからすぐのステープ山周辺を走りました。
ヒルクライムや日本で言うところのアタックツーリングみたいな感じの行けるか行けないかという技術と体力の試しみたいなコースも走りました。
技術と体力の両方とも無い私はセル付きXRにずいぶん助けられたものの、
度重なる転倒をしてしまいました。先が思いやられます。

 今回のパートナーMD30(セル付き!   見晴らしの良い山の尾根

 二日目と三日目はPaiという町までダートロードで行って帰る一泊ツーリングをしました。
二日目は天候に恵まれ快適に走れましたと書きたいところですが何しろ季節は雨季で路面がマディの所もかなりあり、粘土質の固く締まった土の表面がツルツルピカピカに光っていて、さらにところどころコケまで生えているとんでもなく滑る所もありました。
また、反対に気持ち良く飛ばせる広いダート道もありバラエティに富んだ道を楽しむ事が出来ました。

 Paiの町は白人の観光客がトレッキングなどの目的で大変多く賑わっていました。バンガローやゲストハウスもあって快適に泊まることができます。
私達3人は晩ご飯の後、タイマッサージに行き走りの疲れを取りました。
これがまた気持ち良いんです。

   Paiで泊まったコテー   でっかい倒木
三日目はチェンマイに向けてダートを走りつないで帰るわけですが、
なにぶん雨季ということもあり道には倒木があったり、
川は増水しているため引き帰えせざるをえないこともありました。
また途中、雨が激しくなり標高の高い所ではタイなのに寒さに震える場面もありました。
また、激しいマディの所もかなりありスピードも上がらずとうとう舗装道路に出たところで暗くなってしまいました。
その道の途中でkiyoさんが突然バイクを停めました。
どうしたのかと停まってみるとkiyoさんが指差す所を見るとなんとホタルが飛び回っているのでした。幻想的でとてもきれいでした。
なんか得した気分になりました。
全体を通して山の自然の美しさ、道の険しさ、そして山岳民族にも出会えたり、
また自分のテクニックの無さを気づかされる場面も多くてとにかく内容が濃い、
あっという間の三日間でした。
ご覧の皆さんもぜひ体験されてはいかがでしょうか。
初級者の方も上級者の方も楽しめると思います。
またバイクは他のレンタルバイク店とは違いkiyoさん自身で整備されていますので、その点でも安心できます。
そしてチェンマイはナイトマーケットなどがあり観光としても楽しいと思います。
ついでにかかる費用は日本の感覚だとかなり安く感じると思います。

KiyoさんのHPのアドレス

http://www7.plala.or.jp/offroad-gang/

今なら私の写真が載ってます。
ぜひ見てね。
   マデイの道