パタヤ周辺ツーリング
                                      2002.6.30(日曜日)
                    タイの高速道路
本当はタイ人の友人のグループと行くはずだったのですが寝坊してしまい、置いてきぼりを食ってしまいました。
気を取りなおして一人で行くことにしました。
ついでに半年前のアジアEDで使ったダートコースも走って見ようと思いラリーマップも持参しました。
8時、
バンコック市内は混雑していますが少し郊外に出ると100km/hぐらいで走れました。
舗装路を約100km走りSS1の入り口を見つけたので入って見ることにしました。もちろん、コースマークの大半は残っていませんのでコース通りに走ることは出来ませんでしたがたまたまMTBのコースマークが残っていて、結構アップダウンのあるコースも楽しむことが出来ました。
               写真はパイナップル畑の中の道です
ダートロードから舗装道を一路、パタヤビーチへ向かいました。
皆さんはタイの道をどんな風に想像していらっしゃいますか?
この道はかなり良い方ですが片側3車線でさらに2車線の側道があります。
合計10車線!です。他の道もかなり立派です。
しかし、作りが荒いのが気になります。
時々、大穴があります。それでも皆さんの想像とはぜんぜん違うのではないでしょうか。
へたすると日本より良いぐらいです。
パタヤに着きましたが市街地はいつも混雑しているのでパスしてワット・カオ・プラ・バートという丘の上に立つお寺に行きました。
ここからはパタヤビーチが一望出来ます。
海風も吹いていて気持ちの良いところです。
写真はそこからパタヤビーチを撮ったものです。
もしかすると夜景もキレイかも知れません。
しかし夜は閉まっているかもしれないけど。
          写真はそこからパタヤビーチを撮ったものです
帰りにもラリーのコースを少し走りましたが、コースマークが無いので出口が判らないのでそんなに距離を走ることは出来ませんでした。
最後に帰りのバンコック市内の渋滞には閉口しました。
油温計がぐんぐん上昇し130℃近くまでいってしまいました。
XR600にはタイの渋滞はキツイです。
もしエンジンが水冷でもファンが廻りっぱなしでしょうね。
私のXR600は電装も直り、今のところバイクの調子は良いです。
贅沢を言えばフロントの剛性がもう少しあるともっとスピードが出せそうです。
それから来年の
2月8〜10日の予定でアジアインターナショナルEDレースがタイで行なわれるそうです。皆さん一度タイに遊びに来てください。待ってます。
.