■このページはオフロードベテランライダーのHPより許可を頂コピーしたものです  <BIKE SHOP TRY>    
*******************************************************
じゃんがじゃんがじゃんがじゃんが〜 行ってきました2005年北海道!
恒例になってきた夏の北ツー、今回は老若♂3人で旅立つ事になった。さてさて何が起きるやら、、、
メンバー:TOCKY@じ〜じ+WR250F、NISSY+NewXR250、YOU+ランツァ   2005.8.12〜20
  *******************************************************

NO1    8月11日〜12日
さて今回の北ツーが去年&一昨年と明らかに違うところは「トランポに頼らない!」ってとこ。
NISSYやYOUとつるんで走るからには道内ではWRで完全自走なのだ。そこで一番心配なのは積んだ荷物の重みとオフロードの衝撃に
細いブレイスパイプ2本のリアフェンダーが耐えられるかとゆー点。まさにWRのツーリング耐久テストだ!
当日オイラは普通に仕事してるのにNISSYとYOUはなんと休んどるではないか!ずる〜い 信じれ〜ん。
フェリーは敦賀〜苫小牧の直行便で01:30発なので仕事終えて19:00頃出発すれば余裕で間に合うはず、、しかし焦った。
次から次に仕事が入り自宅に着いたら19:30過ぎてるじゃないか(>o<)YOUに電話し名神養老ICに20:30に待ち合わせとしてもらう。
準備してると NISSYからメールが入り「もうすぐ敦賀に着くよ〜!」だってますます焦る。くそぉオイラも来年は前日休むぞぉ!!
敦賀〜苫小牧は約19時間で
着いちゃう 。
我々と同じ2等客室で出会った
愛知のtarzanさんと記念撮影!
tarzanさんは45歳にて無謀にも
大型免許ゲット、半年で11千キロ
走行の上、初めてのロングツーリングが
北海道というハッスルおやじです。
さすが新日本海フェリーは早い!快適な船旅を経て12日20:30苫小牧に到着。今宵の宿は北海道で2番目に古いと言われる早来町の
「鶴の湯旅館」、途中道に迷い暗闇の中老眼で地図が見えないおやじ2人は先導役をYOUに任せ何とか辿り着く。腹減った〜(*0*)
旅館に荷物を置いてジンギスカンがうまい!という「京城館」という飯屋に向かった。


←冷凍物じゃないから
   color=#ff0000 >まいう〜 のジンギスカン!
  ビールが果てしなく体内へ、、                  


歴史ある鶴の湯温泉は
   日帰り入浴客が多い。 →
 泊まりは素泊まりのみ。
実は一番ゆっくり時が流れたのはこの日だけだったような(^^;、、、。
本日の走行距離:たった25km位?

8月13日
-早来町「鶴の湯旅館」〜美深温泉へ-
二日目の朝は実にいい天気だ。今日の目的地はよくばって道北の美深!なんせNISSYとYOUに絶対道北スーパー林道を走ってもらいたくてさ。
しかしNISSYはオイラとYOUより3日も早く帰るため仕方なしのHARD行程だ。おっと俺達はオフローダー!勿論林道走って移動だぜ。
早来から厚真町を経て炭鉱厚真川林道を使いR274(石勝樹海ロード)に向かう。
< ←炭鉱厚真川林道は途中 
  厚真ダムでメルクンナイ
  林道(行き止まり)に分岐  
  全線20km+αの砂利ダート。

  22年ぶりに北海道のダートに
  ありついてめっちゃうれしそうな
  NISSYおやじです

メルクンナイ林道分岐

  名無し川

>どさんこおやじライダー
炭鉱厚真川林道は実は'83年も'91年も走っている。苫小牧から富良野辺りに行くにはちょうど良い路線。
この林道を越えた頃きれいな河原が見えCRM250ARにキャンプ用品をどっさり積んだおやじライダーが
のんびり休憩している。とても心地よさそうでついつい我らも河原に降りた。
聞くとどさんこライダーでしばしの盆休みをソロでキャンプするらしい。
やっぱりな〜地元の方は余裕がありますなぁ、、。
林道までは暑い(20℃)位だったがR274を東に向かうと気温がどんどん低くなってきた。バックミラーで見るとジャージ一枚で走っているYOUが
いかにも寒そうで可哀相。さすが樹海ロード、森林地帯の高架道路だけの事はある。途中で止めてジャケットをはおってもらう。
15kmほど走り福山を左に入ると道道610号で占冠に向かう。この道も昔は20kmほどのダ−トだったが今は半分位舗装されてしまった。
占冠からR237を南下し5kmで左に入ると双珠別林道だ。渓流沿いの28kmほどの硬質路面で走りやすい林道でこの日オイラは一番気に入った。

快適に走るYOU

メルヘンチックな場所でひとやすみ
双珠別林道は幅は広くはないが
グリップがいい林道。
渓流を見ながら走れるので
気分も上々
終点はトマムです。

双珠別林道
トマムからR38でそばで有名な新得を経て屈足に着くと既にお昼すぎ。「松の実」食堂でそそくさと腹ごしらえをする。ここの蕎麦もなかなか旨いよ!
鹿追自然ランドキャンプ場のある方向に道道1008号(5km位のダート)を北上し2003年に入湯した鹿の湯を目指す。しかし何度走ってもこのダートは
深い砂利で走りにくい。そんな道をV-MAXに跨った女性がカッコよく走って行ったのにはマジ驚いたが、、
鹿の湯はなんと熊出没で閉鎖中!!
あのワイルドな野営の温泉にNISSY+YOUを浸からせてあげたいという思いで折角たどり着いた鹿の湯だったがやっぱり閉鎖中だった、、、。
実はオイラがブログでBOOKMARKしてる、いがぽんさんからの情報で聞いてはいたがもしや、、と思い行ってみた訳。
誰も入湯してる人はいなかったが中には入れたので写真だけ撮ってきた。まぁ勇気振り絞れば入れるとは思うんだけど、、。
入ってるところに熊が現れたらフリチンで逃げなきゃいかんしフリチン で死ぬのも情けないし、、。         -2003年の入湯風景-

熊出没につき閉鎖中、がびーん!
温泉に入れなかったおやじ達は肩を落としながらもまだ200kmはある美深を目指してはや鹿の湯を立ち去るのであった。
然別湖を越えてR273を北上すると40分位で糠平に着く。本当は時間があれば幻の秘湖と言われる東雲湖(シノノメ湖)を一目見たかったのだが
これは次回にお預けとしておく。2004年は北から降りてきた「糠平三股林道」を今回は南から北上する。糠平湖を左手に見ながら走るこの林道は
道幅は狭いが蝦夷しかやキタキツネが必ず現れる、しかも今回は湖の水位が低くて旧国鉄のアーチ橋「タウシュベツ橋」がきれいに橋桁まで
姿、形を露呈していた、やったぁ感激!

鹿って目が悪いんだろうか?
これだけ近づいてもすぐには
逃げずにじーっとこっちを
見てるんだから不思議だよね。

糠平三股林道


タウシュベツ橋

落陽
糠平を過ぎR273にかかった頃多分PM4時位か?ちょっと我らにも焦りの色が、、。美深温泉が確か前回PM9時までしか温泉は入れないからあと距離にして170km。
平均50km/hで走って3時間半、、う〜ん結構やばいかも。もはや2日目からナイトランは決定!うへ〜っ(TT)泣いとRUN(><)
結局ぎりぎりPM8時半頃ヘロヘロになり美深温泉到着で〜す(*o*)
本日の走行距離:約400km うちダート82km
   
1