■カンボジア国境ツーリング                                           2004年10月2〜3 
・皆さん、サワディ・カップ!(こんにちは)タイからサワディはせがわです。
  私のタイ滞在期間も残り少なくなりました。今回、土日休みに‘94XR600R
  (外装2000年モデル)にてカンボジア国境まで行きましたのでレポートします。
■出発前、車庫にて
     (奥に置いてあるのがCRF250Xです)
■工場最寄の国鉄の田舎駅(プラチンブリ駅)
10月2日(土)
・久々のツーリングなのにしっかり寝坊してしまい、だらだらと11時ごろの出発になってしまった。
  しかし今日は会社の工場(カンボジア国境までのほぼ中間地点)までなので道も判っているし
  大丈夫とバンコクのアパートをスタートしました。

  途中、カオヤイ国立公園に立ち寄り以前、乾季の為見えなかった滝を見に行きました。公園入口で
  タオライ・カップ?(入園料いくらですか?)とたずねると50バーツと言われました。車の入園料30バーツ
  とタイ人1人分20バーツです。とうとうタイ人になってしまいました。本来、外国人は外国人料金で
  200バーツ取られます。

  滝を見に行くのには歩いて急坂の階段を上り下りしなければならず大変ですが雨季真っ只中の為、
  滝は轟々と凄い勢いです。乾季はチョロチョロですけど。

  次に山の上に登りましたがモヤがかかっていてあまり良く見えませんでした。公園内はバンコク周辺では
  見られないワィンディングロードでなんとなく三河湾スカイラインを彷彿させる道なので悲しいサガでちょっと
  攻めてしまいました。

  山の上でも少し雨が降っていましたが山から下りるといきなりバケツがひっくり返ってカッパを着る間も無く、
  服を着たまま水泳したような状態になり工場近くの泊まり慣れているホテルに逃げ込みました。やはり日ごろの
  心がけが悪すぎるようです。
■国定公園入口でタイ人入園料20バーツを払う ■タイでもめずらしい大きな滝
■その滝の少し上流の川の流れ ■静かな国定公園内の道
・10月3日(日)
  ホテルでゆっくりと朝食を食べていたら10時になってしまい慌てて国境を目指しスタートしました。
  国境までは約120kmで途中、信号も10ぐらいしかありませんでした。80〜100kmペースで
  走ったところ当たり前ですが約2時間で着いてしまいました。国境には大きなマーケットがありますが
  目ぼしい物はほとんど無く、国境のゲートもぜんぜん緊張感が無い感じでした。バイクでもカンボジアへ
  行くことが出来るらしいです。カンボジアも一度走ってみたいですね。

  帰りは新しい道をほとんど止まらずガンガン走ってバンコクまで帰りました。3時間半で約300km
  走ってしまいました。天気も良く、ダーッと直線の舗装道路を走っていると大陸ツーリングしているんだなと
  感じます。一応ユーラシア大陸の一部なので…。100km走っても信号の無い場所もあり気持ちが良い
  道もあります。タイでもバンコクは危ないですが田舎の道は交通量も少なく道も比較的キレイですから
  ツーリングには向いていると思います。スゴク暑いことを除けばです
■山頂からの眺め ■カンボジア国境付近(アランヤ・プラテート)
■この向こうはカンボジアです
    (写真は緩衝地帯だと思います)
■どこまでも続くタイの田舎道(ほとんど直線です)
 TOPへ